【モンスト】キラーの乗った友情コンボはかなりの威力!戦場ヶ原ひたぎ(進化)の評価やステータスについて解説

hitagi-2

ここでは2017年8月8日に実装された戦場ヶ原ひたぎ(進化)についての評価やステータスについてご紹介します。

化物語コラボ限定で10連ガチャのおまけで入手ができるかもしれない火属性モンスターです。

手に入れることができる期間が長いものの、10連ガチャでしか手に入らず敷居が高いモンスターとなっています。

しかし化物語はとても人気のある作品で、多くのユーザーが10連ガチャしていますね!

NO.2820 戦場ヶ原ひたぎ&神原駿河

戦場ヶ原ひたぎ(進化)の基本データ解説です。

戦場ヶ原ひたぎ(進化)のタイプ

ボール絵 属性 種族 撃種 戦型
hitagi-1 hizokusei-i火属性 亜人 反射 バランス型

戦場ヶ原ひたぎ(進化)のステータス

HP 攻撃力 スピード
最大 17474 17363 233.47
タス値最大 21374
(+3900)
23288
(+5925)
315.92
(+82.45)
ゲージショット成功時(1.2倍) 27946
属性倍率
対木属性
(約1.33倍)
37168
キラー発動時 55892
※2.0倍

※ゲージショット成功時、キラー発動時、属性倍率はタス値最大を元に算出しています

hitagi アビリティ 魔封じM
ゲージ アンチワープ

戦場ヶ原ひたぎ(進化)のラックスキル

クリティカル
稀に敵へのダメージ量が増加する(約7.5倍)

戦場ヶ原ひたぎ(進化)のストライクショット(SS)

ヴァルハラコンビ/ ターン:20ターン
ふれた最初の敵で爆発周囲の敵を巻き込み大ダメージ(爆破SS)

戦場ヶ原ひたぎ(進化)の友情コンボ

メイン友情 超強ロックオン衝撃波6(無属性)
6発の無属性衝撃波で攻撃
威力:1発25987

戦場ヶ原ひたぎ(進化)が使えそうな超絶、爆絶クエスト&覇者の塔

  • クシナダ
  • イザナギ
  • イザナギ零

戦場ヶ原ひたぎの進化条件


獣神玉
×1

紅獣玉
×5

紅獣石
×10

大獣石
×30

戦場ヶ原ひたぎの入手条件

10連ガチャのおまけでのみ入手可能(期間限定モンスター)
omake

戦場ヶ原ひたぎ(進化)の評価

ここでは戦場ヶ原ひたぎ(進化)のステータス・アビリティ・友情コンボ・SS・クエスト適性・総評について評価、考察します。

各10段階評価 *1~10

評価 コメント
ステータス 6 現環境の平均よりはやや低く設定されているか。
それでも弱点になるほどではない。
可もなく不可もなくという感じだ。
アビリティ 7 魔封じMが素アビにあるのは大きい。
友情コンボにキラーが乗る上、魔族は雑魚に多く、魔人はボスに多い。
いろいろなところで活躍できるだろう。
ただ、アンチギミックはワープだけなので少し物足りない。
友情コンボ 7 威力が高いうえ、キラー対象ならさらに2倍の威力。
雑魚に魔族は多いのでかなりの高ダメージを期待できるだろう。
キラーが入ってこそ活躍する友情コンボと言える。
SS 7 よくある爆発SS。
こちらもキラーが乗ればかなりのダメージを期待できるが、入らなければ並みのダメージしか入らないだろう。
クエスト 7 ワープ持ちのモンスターは高難度クエストに多く行きやすいのが強み。
また即死雑魚の多くが魔族の鬼だったり、蘇生も魔族が多い。
けれど火属性なので、もし光属性か闇属性だったらもっと評価は上がっていたかもしれない。
総評 6.8 おまけで手に入るモンスターなのかわくわくの実を付けることができないところがネック。
ドロップモンスターよりやや性能が上というような評価になってしまう。
ただ、ドロップモンスターと違って運極にするには相当の課金が必要になってしまうので現実的でもない。
とても人気のあるコラボ限定モンスターではあるが、他のガチャ限定モンスターに比べると少し見劣りしてしまうのが現状だ。

戦場ヶ原ひたぎは引くべき?

忍野忍の性能が高いのでこちらを狙うついででよいと思う。

もちろんファンが多いので狙う方は多いと思うが、性能だけで見ればさほど狙うべきモンスターでもないのが現状ではある。

おまけで手に入るのでメインガチャを狙いつつ、当たったらラッキーだ。

戦場ヶ原ひたぎ(進化)のまとめ

メインは忍野忍感が強い。

性能は悪くはないが全体的なガチャ限定から見れば、性能は劣る。

魔封じMがあるので多くの雑魚やボスにキラーが刺さるのは好材料ではある。

わくわくの実を付けることができないのは少しネックだが、10連ガチャのおまけで手に入ることがことがあるかもしれない。

ただ、化物語がとても人気のある作品なので、狙うのも1つ。

なお筆者は化物語がわからない(笑)

性能だけ見るならばムリをせず、絶対欲しいならば是が非でも狙うべき!というように意見が分かれそうだ。

獣神化情報はこちらから⇒獣神化モンスター一覧&予想ランキング

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ